ウサギは淋しいと死んじゃうってホント?スクイジーズだぞ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
花火
CA3E0165.jpg
ヒートです。
お盆に、諏訪湖の花火大会を見てきました。
写真はお昼の諏訪湖。
曇り空から光が差して、神秘的でした。

そして夜、50万人が諏訪湖に集まったという花火大会は圧巻!
競技ということもあり、今まで見たことのない斬新な花火や、頭上から降り注ぐでっかい花火、空が煙で埋まるほどの連射など、感動の嵐でした。
そして、山に囲まれた諏訪湖だからこその「音」!
家がビシビシ揺れるほどの音が、山にこだまして、なんだか異世界にいるみたいでした。
その中で見てると、登って行く花火が龍に見えて、その龍が命の限り全力で登って大輪の花を咲かせる様が、どんな芸術でもかなわないと思わせる程の見事な一大芸術でした。
たまには、浮き世離れしないといかんなあと思ったお盆でした。
Posted by : スクイジーズ | - | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
春樹さんのスピーチ
110809_1827~01.jpg
ヒートです。
こないだ、中日新聞に村上春樹さんの受賞スピーチ全文が掲載されてました。
全く同感だし、日本人なら読むべきだと思いました。
きっと誰も反論できないくらい正論なのに、やっぱり原発は無くならないんでしょうね。

経済優先にするなら、いっそ、東京湾や名古屋港に原発を造るくらいの覚悟を決めるべきなんじゃないかと思います。
一番使う人達が一番リスクを負うべき。
その中には自分も含まれてるんだけど。

当事者感覚が薄いのがあかんのでしょうね。

なんだかんだテレビや国会中継を見てると、管さんがんばれって思ってしまう。
結局責任を取るつもりの無い野党やマスコミが汚い言葉で与党を野次るのを見ると、こいつらの方が悪いんじゃないかって思えてくる。
そう考えてると、廻り廻って当事者感覚の無い僕らにも責任があるって思えてきてしまう。

とりあえず、節電からかな。
村上春樹さんのスピーチ、動画サイトでも観れました。
是非見てみてください。
Posted by : スクイジーズ | - | 12:49 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
建設中のビルを見て、ふと思ったこと。
CA3E0162.jpg
ヒートです。

建設中のビルを見ると、人間ってすごいなあって思う。
また名古屋駅周辺に高層ビルを建てる計画があるって新聞に載ってました。
建てるのもすごいけど、壊す時どうするんだろって思う。
おそらく、壊す時には世代が変わって、造った人達は死んじゃってると思うけど、もし、先の未来に何らかの社会変化で壊す技術や能力が無くなってしまったら、その時代の人達にとって、えらい迷惑な遺産にはならないのかしら。
「あの時代の人達のせいで…」
と言われるのはかなわんなあ。
原発なんか、その最たるもので、処理の仕方もわからんものを、後の世代に残そうと決めた感覚って、どんななんだろうか。
なるべく、子供達には余計なつけを回したくないなって、子供を見てると特に思います。
身の丈に合った幸せってどこまでなのか、自問自答させられた風景でした。
Posted by : スクイジーズ | - | 12:44 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
一歩
110804_1308~01.jpg
ものすごくご無沙汰です。
m(_ _)m
ヒートです。

いろいろ思うことがあり、ブログを敬遠してましたが、またいろいろ思うことがあって、せっかくだからちょくちょく書こうかなと思いました。

久々の再一歩なので今の足の写真。

今はケーブルテレビの番組撮影中です。

一流美容師を辞めて、ゼロからラーメン屋を始めた大将の話に感動した取材でした。

何事もコツコツ一歩づつなんですね。

僕もこの足で一歩づつ。
でもこの足、海で釘を踏んで腫れてる足。

傷ついた足で一歩を踏み出すってところが、35才の夏って感じね。

一歩一歩、どこへ向かおうか。
Posted by : スクイジーズ | - | 13:23 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ネコにかまけて
セキド

ウチのベランダに出没するように
なったネコ。

今では、毎日のように
現れるようになりました。

ま、マズい。

良くない感じがします。
ウチはペット禁止なんです。

なんでこんなことに。

エサをチョビっとずつあげると
ニャアニャア可愛く
ネコ缶買ってしまったのが
良くなかったのか。

ニャン子と
名前まで付けてしまったのが
良くなかったのか。

ニャアニャアという声に
誘われそうな自分が怖い。
Posted by : スクイジーズ | - | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
またまた
お久しぶりですみません。

東日本大震災やら
AKBやら
はたまた
玉置夫妻の話題がてんこ盛り
になってますが、


小さな記事
に目を止めました。


刑事コロンボでお馴染みの名優
ピーターフォーク
がなくなりました。

最後は、アルツハイマーとの
闘いだったようです。

「うちのカミさんがね」

小池一雄さんの声とともに
耳にへばりついてるあのシーン。

ワクワクしました。

名優でしたね。

ベルリン天使の詩も感動ものでした。

ジョンカサベテスとの一連の作品。

ニールサイモンの名探偵登場。

コミカルもシリアスもサスペンスも
一流。

とても立派な役者人生。

大好きな俳優さんでした。

お疲れさまでした。


セキド
Posted by : スクイジーズ | - | 01:05 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ネコにかまけて。
「一週間のご無沙汰でした」

昭和の名司会者
玉置宏さんですが
あ、玉木宏とは別人です。

かなりご無沙汰してしまいました。

セキドです。

ヒートが本番中ですね。
明日までです。

僕の方は震災後、色々とワチャワチャ
しておりました。

今現在、頭を悩ませてるのは
ネコ
です。

昔、実家にいた頃
何故か家に居ついた
ネコがいました。
タマです。

僕には
「ハーッ!」
って威嚇してました。

なので、いつも追い掛けまわして
おりました。

そんな感じだったので、
ネコとねんごろになる日がくるとは
想像もしてませんでした。

あ、いや。ねんごろにはなってません

ベランダにやってくる
ネコにエサをやっております。

「ミャーミャー」
言っとります。



かわいい。

が、飼うことは残念ながら
むつかしい。


エサ、やりすぎないようにしないと。
Posted by : スクイジーズ | - | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ダンシング
ゴールデンなウィークですね。

セキドです。

ヒューマンの新年度も始まりました。
よし。
頑張っていこう。

ダンシングチャップリン

を見に行く。

ローランプティ振り付けの
バレエを
周防正行が映画化したものです。

ファンシイダンスの昔から
いやさ
変態家族 兄貴の嫁さん
サラリーマン教室

の昔から周防正行ファンであります。

それでも僕はやってない


取材力の執念と
リアルなキャラクター
に心を掴まれずっとワクワクしながら
見てました。

今回は
ピンクフロイドバレエでも
名高いローランプティのバレエ。

バレエ自体はほとんど縁がないですが

ピンクフロイドをバレエにする。
その感性には常々目を見張ってました

ピンクフロイドもウォールを
擦り切れる程見たくらいファンです。

オマケにチャップリン。

僕が思うこの映画がスゴいno.1は
チャップリンの街の灯ですね。

これだけの好きな要素が結集した
映画。
見逃す訳にはイカンのです。

個人的には
やっぱり、街の灯のシーンが
胸に刺さります。

ルイジボニーノ

なんて可愛らしい人なんだろう。
あんな風に年を重ねたいものです。

それぞれのチャップリン映画からの
イメージをバレエ化したものですが

ちょっとバレエいいかも知れないと
思えましたね。
これ、スゴいことだと思います。

ただ、やっぱりチャップリンの方が
残酷だなーなんてなことも
思いましたね。
Posted by : スクイジーズ | - | 16:23 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
おっと。
だいぶ更新してなかったな。

セキドです。

今日は凄い雨。
久しぶりのどしゃ降りでしたね。

ままよ。
と濡れて帰って風邪ひきそうな
自分がいます。

お気をつけて〜。
Posted by : スクイジーズ | - | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
さくら2
写真が変ですみません。

セキドです。

散ってしまいましたが、
五条川の桜です。

でもこれ、自称五条川フリークの僕に
言わせるとベストの景観じゃ
ないんですよね。

本当にキレイなのは

この写真よりもっと後なんですよ。

桜吹雪が舞台の「雪降らし」のように
なってて、ビックリするくらい
桜が舞います。
川沿いを歩くとずっと
クライマックス気分です。
しかもそれが5キロぐらい
続きます。

ずっ〜とクライマックス。
および長いエピローグ気分。

黄昏時のマジックアワーには
夕日を浴びながら、
桜吹雪の美しさと、生と死に
思いを馳せ
哲学者になった気分です。

川面も散ったピンクの桜で
川一面が動くカーペットのよう。

あれ?こう書くと気持ち悪く
感じるかも知れませんが、
キレイな光景であります。

今年はそのベストの時期は
残念ながら逃したかな〜。

来年こそ、クライマックス気分を
味わいたいな〜。

たぶん、俺、五条川のこの印象が
強くて「雪降らし」舞台でよく
使っちゃうんだろうな〜。
Posted by : スクイジーズ | - | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
TOP